患者さまの安心と安全のために当医院では
院内感染予防対策に力を入れています



お口の治療は、ある意味「手術」と同じ行為です。体の中に入る診療器具は、最善の方法で確実に消毒滅菌を行う必要があります。お子さんからご高齢者まで、皆が安心して気持よく治療が受けられるよう、スタッフ全員で「院内感染予防対策」に力を入れています。

院内感染とは?

治療した患者さまがかかっていた感染性の病気が、院内での治療を介して他の患者さまに移ってしまうことです。細菌感染で起こる虫歯や歯周病の他、血液を介して感染するHIVウィルスや肝炎ウィルスもこれに当たります。治療を始める前に血液検査をしない歯科医院では、患者さまご自身がどのような感染症に罹患しているか確認することができません。従って、「すべての患者さまが何らかの感染症に罹患している可能性がある」という前提に基づいて、患者さまの触れるすべての診療器具を消毒滅菌する必要があります。

当医院で使用する診療器具は、患者さまごとに消毒滅菌を行うことを徹底しています。


院内感染予防システム


・ディスポーザル

うがい用紙コップ、治療用グローブ、患者さま用エプロン、麻酔注射針、麻酔カートリッジなど、可能なものは、使い捨て製品を使用しています。

・高圧蒸気滅菌(オートクレーブ滅菌)

130度以上の高温と高圧蒸気で滅菌を行います。MRSA、HIV、肝炎ウィルス、インフルエンザウィルス、真菌、結核菌、芽胞菌など、ほとんどすべての細菌・ウィルスに有効で、最良の滅菌方法です。熱に耐性のある器具はすべて行っています。

・薬剤消毒

熱に弱い素材など高圧蒸気滅菌ができない器具は、医療用の薬液を使って消毒します。

・紫外線保管庫

薬液洗浄消毒、高圧蒸気滅菌で処理された診療器具を、紫外線を照射しながら保管します。

保管庫内は紫外線により24時間、限りなく無菌に近い状態に保たれており、滅菌処理された診療器具に細菌、ウィルスが再付着することを防ぎます。